一級ボイラー試験ーこの過去問題で合格した


一級ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
過去問題の解答・解説を提供します。 勉強方法、問題集、試験情報、合格体験記等もご紹介します。
(by nanayo)

鋳鉄製ボイラー

関係法令-10  鋳鉄製ボイラーについて

一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問20 鋳鉄製ボイラー(小型ボイラーを除く。) に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 蒸気ボイラーには、一定の要件を備えたものを除き、ガラス水面計を2個以上備えなければならないが、そのうち1個はガラス水面計でない他の水面測定装置とすることができる。
(2) ガラス水面計でない他の水面測定装置として験水コックを設ける場合には、ガラス水面計のガラス管取付位置と同等の高さの範囲において3個以上取り付けなければならない。
(3) 温水ボイラーで圧力が0.3MPaを超えるものには、温水温度が120℃を超えないように温水温度自動制御装置を設けなければならない。
(4) 温水ボイラーには、ボイラーの本体又は温水の出口付近に水高計又は圧力計を取り付けなければならない。
(5) 給湯用温水ボイラーには、原則として逃がし弁を備えなければならないが、給水タンクの水面以上に立ち上げた逃がし管を備えたものでは、備えなくてもよい。 (終 り)
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

続きを読む

ボイラーの構造ー5 鋳鉄製ボイラー

一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)
 
 問5  鋳鉄製ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。
 
(1) 鋼製ボイラーに比べ、強度は弱いが腐食には強い。
(2) 燃焼室の底面は、ほとんどがウエットボトム式の構造となっている。
(3) 側二重柱構造のセクションでは、ボイラー水の循環において、燃焼室側側柱が上昇管、外側側柱が下降管の役割を果たしている。
(4) 蒸気ボイラーでは、復水を循環使用するのを原則とし、給水管は、ボイラー本体後部セクションの安全低水面の少し下に直接取り付けられる。
(5) 暖房に温水ボイラーを使用する場合は、蒸気ボイラーを使用する場合に比べ、部屋ごとの温度調節が容易である。
 
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む
美 女 暦
アクセスカウンター

    好評の定番・受験用図書
    図書の注文はこちら!

    一級ボイラー「合格パック」
    一級・合格体験記
    一級・専用ホームページ
    livedoor プロフィール
    カテゴリー
    記事検索
    livedoor 天気
    メンバーリスト
    楽天市場
    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ