一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問 3 重油の添加剤に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 燃焼促進剤は、触媒作用によって燃焼を促進し、ばいじんの発生を抑制する。
(2) 水分分離剤は、油中に存在する水分を表面活性作用により分散させて燃焼を促進する。
(3) 流動点降下剤は、油の流動点を降下させ、低温における流動を確保する。
(4) 低温腐食防止剤は、燃焼ガス中の三酸化硫黄と反応して非腐食性物質に変え、腐食を防止する。
(5) 高温腐食防止剤は、重油灰中のバナジウムと化合物を作り、灰の融点を上昇させて、水管などへの付着を抑制し、腐食を防止する。 

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

続きを読む