一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問 6 次の文中の(   )内に入れるAからCの数字の組合せとして、正しいものは(1)~(5) のうちどれか。
なお、体積は、標準状態の体積とする。
「液体燃料1kg 当たりの理論酸素量O(㎥) は、燃料1kgに含まれる炭素、水素、酸素及び硫黄の量をそれぞれc、H、o及びs(kg) とすれば、次式で表わすこと_ができる。

O={22.4/(A)}×c+(22.4/4)×{h-o/(B)}+{22.4/(C)}×s

    A    B    C

(1)  8   2   16
(2) 12   2   16
(3) 12   2   32
(4) 12   8   32
(5) 14   8   16
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

続きを読む