一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)


間 4 ボイラー用気体燃料に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 気体燃料は、石炭や液体燃料に比べて成分中の炭素に対する水素の比率が高い。
(2) ガス火炎は、油火炎に比べて輝度が高く、燃焼室での輝炎による放射伝熱量が多く、管群部での対流伝熱量が少ない。
(3) LNGは、液化前に脱硫・ 脱炭酸プロセスで精製するため、CO2、N2、H2 Sなどの不純物を含まない。
(4) LPG は、硫黄分がほとんどなく、空気より重く、その発熱量は天然ガスより大きい。
(5) オフガスは、石油化学・ 石油精製工場における石油類の分解によって発生するガスで、水素を多く含み、その発熱量は高炉ガスより大きい。

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒
一級ボイラー「合格パック」

続きを読む