一級ボイラー試験ーこの過去問題で合格した


一級ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
過去問題の解答・解説を提供します。 勉強方法、問題集、試験情報、合格体験記等もご紹介します。
(by nanayo)

2014年09月

一級ボイラー技士試験・受験統計(平成25年度)

安全衛生技術試験協会が発表したボイラー試験・受験統計です。(平成25年度)

 試験区分            受験者数(人)    合格者数(人)   合格率(%)
・特級ボイラー技士            635     148         23.3
・一級ボイラー技士          7,342    4,038       55.0
・二級ボイラー技士        32,634     18,927     58.0

一級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-13

一級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

一級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問13 鋳鉄製ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ボイラー効率は86~96%、容量は換算蒸発量で4t/h程度まであり、伝熱面積当たりの保有水量は比較的大きい。

(2)復水を循環使用するのを原則とし、返り管を備えているので、給水管は返り管に取り付けられる。

(3)重力式蒸気暖房返り管では、低水事故を防止するために、ハートフォード式連結法がよく用いられる。

(4)側二重柱構造のセクションは、セクションの強度を補強すると同時に、ボイラー水の循環を促進する効果を持っている。

(5)燃焼室の底面がウェットボトム式のものが主で、完全密閉構造であるため押込み通風方式で高負荷燃焼も可能である。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ


続きを読む

一級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-12

一級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

一級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問12 貫流ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)一連の長い管群で構成され、給水ポンプによって一端から押し込まれた水が順次、予熱、蒸発、過熱され、他端から所要の過熱蒸気となって取り出される。

(2)ポンプ圧力によって流動を行わせるもので、管を自由に配置することができる。

(3)給水量と燃料量の比が変化すると、ボイラー出口温度の激しい変化、あるいは蒸発管出口状態の大きい変化となって現れる。

(4)負荷変動によって大きい圧力変動を生じやすいので、応答の速い給水量 及び 燃料供給量の自動制御を必要とする。

(5)蒸発量4t/h程度未満の暖房用貫流ボイラーや業務用の小形貫流ボイラーは、伝熱面積当たりの保有水量が他の水管ボイラーに比べ大きい。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ


続きを読む

一級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-11

一級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

一級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問11 貫流ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)貫流ボイラーは、一連の長い管群で構成され、給水ポンプによって一端から押し込まれた水が順次、予熱、蒸発、過熱され、他端から過熱蒸気となって取り出される。

(2)貫流ボイラーは、負荷変動により大きな圧力変動を生じやすいので、給水量や燃焼量の応答の速い自動制御を必要とする。

(3)貫流ボイラーは、細い管内で給水のほとんどが蒸発するので、十分な処理を行った水を使用しなければならない。

(4)超臨界圧力貫流ボイラーでは、水の状態から加熱、沸騰状態を経て連続的に高圧蒸気の状態に変化し、出力される。

(5)高圧大容量貫流ボイラーであるベンソンボイラーは、放射蒸発器で水の約85%が蒸発するが、給水中の不純物の大部分が残部蒸発器に付着する。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む

一級ボイラー「ボイラーの構造」の研究-10

一級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

一級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

問10 水管ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)給水及びボイラー水処理に注意が必要で、特に高圧ボイラーでは厳密な水管理が求められる。

(2)炉壁に用いられる水冷壁管は、火炎からの強い放射熱を有効に吸収し、高い蒸発率を示す放射伝熱面になる。

(3)伝熱面積当たりの保有水量が少ないので、起動から所要蒸気を発生するまでの時間が短い。

(4)中低圧ボイラーには、蒸気ドラムと水ドラム各1個の2胴形のもの、蒸気ドラム2個と水ドラム1個の3胴形のものがある。

(5)高温高圧のボイラーでは、蒸発潜熱が小さくなるので、過熱器やエコノマイザでの吸収熱量を大きくすることができる。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

続きを読む
美 女 暦
アクセスカウンター

    好評の定番・受験用図書
    図書の注文はこちら!

    一級ボイラー「合格パック」
    一級・合格体験記
    一級・専用ホームページ
    プロフィール

    nanayo0102

    カテゴリー
    記事検索
    livedoor 天気
    メンバーリスト
    楽天市場
    「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
    • ライブドアブログ