一級ボイラー試験ーこの過去問題で合格した


一級ボイラー技士試験 「一発合格サイト」です。
過去問題の解答・解説を提供します。 勉強方法、問題集、試験情報、合格体験記等もご紹介します。
(by nanayo)

2013年04月

一級ボイラー 最新公表試験問題-6

一級ボイラー公表試験問題(H25年04月)

安全衛生技術試験協会は平成25年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成24年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問6 水管ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)伝熱面積当たりの保有水量が小さいので、起動から所要蒸気を発生するまでの時間が短い。

(2)パネル式水冷壁は、水管をひれなどを介して溶接により板状にまとめた構造で、完全な気密が得られるので、燃焼ガスをシールするケーシングや耐火材が不要となる。

(3)自然循環式の中低圧ボイラーには、蒸気ドラムと水ドラム各1個の2胴形のものや、蒸気ドラム1個と水ドラム2個の3胴形のものがある。

(4)自然循環式の大容量ボイラーには、対流形過熱器とともに火炉上方に放射熱を吸収する放射形過熱器が設けられるものがある。

(5)高温高圧ボイラーでは、全吸収熱量のうち、高温ガスとの接触によって熱を受ける蒸発部水管群で吸収される熱量の割合が大きい。


▼ランキング参加中です。あなたのクリックが励みになります!
ます!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
←第1位
▼こちらもお願いします。

←第35位



続きを読む

最新公表試験問題(H25年04月)-5

一級ボイラー公表試験問題(H25年04月)

安全衛生技術試験協会は平成25年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成24年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問5 炉筒煙管ボイラーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)他の丸ボイラーに比べ、構造が複雑で内部は狭く、掃除や検査が困難なため、十分に処理した水を給水しなければならない。

(2)煙管には伝熱効果の大きいスパイラル管を用いているものが多い。

(3)ドライバック式は、後部煙室が胴の後部鏡板の外に設けられた構造である。

(4)戻り燃焼方式では、燃焼火炎が、炉筒前部から後部へ流れ、そして炉筒後部で反転して前方に戻る一連の流れを2パスと数える。

(5)主として圧力10MPa程度までの工場用又は暖房用として、広く用いられている。

▼ランキング参加中です。あなたのクリックが励みになります!
ます!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
←第1位
▼こちらもお願いします。

←第35位



続きを読む

お待たせしました!HPに「最新公表問題」掲載

「公表試験問題(平成25年04月)」が、
早くもHPの「一級ボイラー試験問題-合否判定」コーナに登場しました。
ここでの合格基準は、非常に厳しく設定しています。
この厳しい合格基準をクリアーするまで、毎日でもトライして下さい。
目標達成に一段と近づくことでしょう。


【一級ボイラー試験問題-合否判定】コーナ

1.テストA:一級ボイラー技士試験(平成25年04月)・最新版
   仮アップです。お気づきの点はメールでお知らせ下さい。

2.テストB:一級ボイラー技士試験(平成24年10月)

3.「計算問題の完全攻略」
  なお、「計算問題の解説」は、本ブログに掲載しています。


▼ランキング参加中です。あなたのクリックが励みになります!
ます!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
←第1位
▼こちらもお願いします。

←第35位


最新公表試験問題(H25年04月)-4

一級ボイラー公表試験問題(H25年04月)

安全衛生技術試験協会は平成25年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成24年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問4 次のような仕様のボイラーに使用される燃料の低発熱量の近似値は、(1)~(5)のうちどれか。
蒸発量…………………………… 12t/h
発生蒸気の比エンタルピ………… 2760kJ/kg
給水温度………………………… 20℃
ボイラー効率…………………… 85%
燃料消費量………………………900kg/h

(1)20.9MJ/kg
(2)30.2MJ/kg
(3)35.7MJ/kg
(4)40.2MJ/kg
(5)42.0MJ/kg


▼ランキング参加中です。あなたのクリックが励みになります!
ます!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
←第1位
▼こちらもお願いします。

←第35位



続きを読む

最新公表試験問題(H25年04月)-3

一級ボイラー公表試験問題(H25年04月)

安全衛生技術試験協会は平成25年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。(本試験問題は、平成24年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
当ブログでは、いち早く「問題と解答」を掲載していきます。
お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問3 熱及び蒸気に関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)水の単位質量当たりの蒸発熱は、圧力が0.1MPaのときより、0.2MPaのときの方が小さい。

(2)金属壁の表面とそれに接する流体との間の熱移動を熱伝達といい、液体の沸騰又は蒸気の凝縮のように相変化を伴う場合の熱伝達率は極めて大きい。

(3)過熱度とは、過熱蒸気の温度(℃)を同じ圧力の飽和蒸気の温度(℃)で除した値をいう。

(4)物体の圧力をP(Pa)、比体積を v(㎥ /kg)、 内部エネルギーをu(J/kg)とすると、物体の比エンタルピh(J/kg)は、h=u+P vで表される。

(5)熱と仕事はともにエネルギーの形態で、熱量3.6MJは、電気的仕事量1kWhに相当する。


▼ランキング参加中です。あなたのクリックが励みになります!
ます!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
←第1位
▼こちらもお願いします。

←第35位

続きを読む
美 女 暦
アクセスカウンター

    好評の定番・受験用図書
    図書の注文はこちら!

    一級ボイラー「合格パック」
    一級・合格体験記
    一級・専用ホームページ
    livedoor プロフィール
    カテゴリー
    記事検索
    livedoor 天気
    メンバーリスト
    楽天市場
    Amazonライブリンク
    • ライブドアブログ