一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問12 ボイラー(小型ボイラーを除く。 ) の検査及び検査証に関し、法令上、誤っているものは次のうちどれか。

(1) 落成検査に合格したボイラー又は所轄労働基準監督署長が落成検査の必要がないと認めたボイラーについては、 ボイラー検査証が交付される。
(2) ボイラー検査証の有効期間の更新を受けようとする者は、原則として登録性能検査機関が行う性能検査を受けなければならない。
(3) ボイラー検査証の有効期間は、原則として1年であるが、性能検査の結果により1年未満又は1年を超え2年以内の期間を定めて更新される。
(4) ボイラーを輸入した者は、原則として使用検査を受けなければならない。
(5) 使用を廃止したボイラーを再び設置しようとする者は、 使用再開検査を受けなければならない。  

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒
一級ボイラー「合格パック」

問12 ボイラーの検査及び検査証について


解答:5

解説:注目問題  12条、14条、37条、46

(5) 使用を廃止したボイラーを再び設置しようとする者は、 使用検査を受けなければならない。