一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問 7 重油バーナに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 蒸気(空気) 噴霧式油バーナは、油種は灯油からタールまで広い範囲で利用できるが、霧化特性が悪く、油量調節範囲が狭い。
(2) ロータリバーナは、高速で回転するカップ状の霧化筒により燃料油を放射状に飛散させ、 筒の外周から噴出する空気流によって微粒化するもので、筒の内面が汚れると微粒化が悪くなる。
(3) ガンタイプ油バーナは、ファンと圧力噴霧式油バーナとを組み合わせたもので、蒸発量が 3t/H程度以下の比較的小容量のボイラーに多く用いられる。
(4) 圧力噴霧式油バーナは、油圧力が低くなるほど微粒化が悪くなるため、最大油量時の油圧力が 2MPa 付近の非戻り油形バーナの油量調節範囲は、1~1/2 程度までである。
(5) 噴霧式油バーナのエアレジスタは、バーナから噴射される燃料油に燃焼用空気を供給するとともに、これらを撹拌して火炎が安定するように空気流を調節するものである。 

★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

問7 重油バーナについて


解答:1

解説:◎出題頻度大 P237P242

(1)蒸気(空気) 噴霧式油バーナは、油種は灯油からタールまで広い範囲で利用できる。霧化特性が良く、油量調節範囲も1から1/51/10広い