一級ボイラー技士公表試験問題 (H28年10月)

問20 ボイラーの腐食、劣化及び損傷に関し、次のうち誤っているものはどれか。

問20 ボイラーの腐食、劣化及び損傷に関し、次のうち誤っているものはどれか。
(2) ピッチングは、米粒から豆粒大の点状の腐食で、主として水に溶存する酸素の作用により生じる。
(3) グルービングは、不連続な溝状の腐食で、主として水に溶存する二酸化炭素の作用により生じる。
(4) 圧壊は、円筒又は球体の部分が外側からの圧力に耐えきれずに急激に押しつぶされて裂ける現象で、過熱された炉筒上面などに生じる。
(5) ボイラー本体に割れが生じる原因は、過熱、過大な応力などである。 
 
★合格への近道! 信頼の受験用図書!⇒ 一級ボイラー「合格パック」

問20 腐食、劣化及び損傷について

解答:3

解説:注目問題 P350P358

(3) グルービングは、不連続な溝状の腐食で、主として水に溶存する溶存酸素の作用により生じる。

グルービングの発生しやすい箇所は、曲げ応力や溶接による応力が大きく作用する箇所である。