一級ボイラー公表試験問題(H28年4月)

安全衛生技術試験協会は平成28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問6 重油バーナに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1) 低圧気流噴霧式油バーナは、4~10 kPaの比較的低圧の空気を霧化媒体として燃料油を微粒化するもので、蒸発量が約10 t/h以下の比較的小容量のボイラーに用いられる。

(2) ロータリバーナは、高速で回転するカップ状の霧 化筒により燃料油を放射状に飛散させ、筒の外周から噴出する空気流によって微粒化するもので、筒の内面が汚れると微粒化が悪くなる。

(3) ガンタイプ油バーナは、ファンと圧力噴霧式油バーナとを組み合わせたもので、蒸発量が3 t/h程度以下の比較的小容量のボイラーに多く用いられる。

(4) 戻り油形の圧力噴霧式油バーナの油量調節範囲は、非戻り油形のものより狭く、最大油量時の油圧力が 2MPa付近のもので、1~1/2程度までである。

(5)噴霧式油ベーナのスタビライザは、燃料噴流と空気の初期混合部で、空気に渦流又は旋回流を与えて 燃料噴流との接触を速め、着火を確実にし、燃焼を安定させるものである。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ

問6 重油バーナについて


解答:4


解説:◎出題頻度大 P237242


戻り油形の圧力噴霧式油バーナは、負荷に関係なくほぼ同一油量を供給し、燃焼量を超える油量を油ポンプの吸込み側に戻すもので、油量調節範囲は、非戻り油形のものより広い噴射量の調整範囲は、最大油量時の1/41/5程度まで大きくすることができる。