一級ボイラー公表試験問題(H28年4月)

安全衛生技術試験協会は平成28年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成27年7月から12月までに実施されたものです。)
試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

問2 ボイラー用気体燃料に関し、次のうち誤っているものはどれか。 

(1) ガス火炎は、油火炎に比べて輝度が低く、燃焼室での輝炎による放射伝熱量が少なく、管群部での対流伝熱量が多い。

(2) 天然ガスのうち湿性ガスは、メタン、エタンのほかプロパン以上の高級炭化水素を含み、その発熱量は乾性ガスより小さい。 

(3) LNGは、液化前に脱硫・脱炭酸プロセスで精製 するため、CO2、N2、H2Sなどの不純物を含まない。 

(4) LPGは、硫黄分がほとんどなく、空気より重く、その発熱量は天然ガスより大きい。 

(5) オフガスは、石油化学・石油精製工場における石油類の分解によって発生するガスで、水素を多く含み、その発熱量は高炉ガスより大きい。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ


問2 気体燃料について

解答:2

解説:◎出題頻度大 P195~P198
 
(2) 天然ガスのうち湿性ガスは、メタン、エタンのほかプロパン以上の高級炭化水素を含み、その発熱量は乾性ガスより大きい。 
 
・湿性ガスの発熱量:44~51MJ/㎥N  ・乾性ガスの発熱量:38~39 MJ/㎥N