一級ボイラー公表試験問題(H27年10月)


安全衛生技術試験協会は平成27年10月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。

(本試験問題は、平成27年1月から6月までに実施されたものです。)

試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。

本ブログで順次ご紹介していきます。

誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。


問9 ボイラーの排ガス中の N O x を低減する燃焼方法に関し、次のうち誤っているものはどれか 。


(1) 燃焼によって生じるN O x は、燃焼性が適切と思われる空気比の付近でピークとなり、空気比がこれより小さくても大きくても減少する。


(2) 燃焼用空気を一次と二次に分けて供給し、燃焼を二段階で完結させて、N O x を低減する方法がある。


(3) エコノマイザを設置しないで火炎温度を低下させて N O x を低減する方法があり、この方法では排ガス熱は空気予熱器を設置して回収する。


(4) 可能な限り理論空気量に近い空気比で燃焼させて N O x を低減する方法があり、この方法は、省エネルギ一対策にもなる。


(5) 燃焼領域の一方を低空気比で燃焼し、他方を高空気比で燃焼して、全体として適正な空気比でボイラーを運転し N O x を低減する方法がある。



応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ


問9 N O x を低減する燃焼方法について


解答:3


解説:◎出題頻度大  P260261
 

(3)空気予熱器を設置しないで火炎温度を低下させてNOxを低減する方法があり、この方法では排ガス熱はエコノマイザを設置して回収する。