一級ボイラー公表試験問題(H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)

試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間 1 2  ボイラーの運転中の取扱いに関し 、次のうち誤っているものはどれか。

( 1 ) 2 個の水面計の水位を対比し、差異を認めたとき は、水面計の機能試験を行う。

( 2 ) 水面計の水位に全く動きがないときは、元弁が閉まっているか又はどこかに詰まりを生じている可能性があるので、直ちに水面計の機能試験を行う。

( 3 ) 燃焼量を増すときは燃料供給量を先に増やし、燃焼量を減らすときは空気量を先に減らす。

( 4 ) 炉筒煙管ボイラーの安全低水面は、煙管最高部より炉筒が高い場合は 、炉筒最高部(フランジ部を除く。)の上 1 0 0 mmの位置とする。

( 5 ) 給水ポンプ出口側の圧力計により給水圧力を監視し、ボイラーの圧力との差が増加気味のときには、給水管路が詰まっていないか調べる。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ

問12 ボイラーの運転中の取扱いについて


解答:3