一級ボイラー公表試験問題(H27年4月)

安全衛生技術試験協会は平成27年4月1日付けで、最新の試験問題を公表しました。
(本試験問題は、平成26年7月から12月までに実施されたものです。)

試験合格には、この最新公表試験問題の研究は欠かすことはできません。
本ブログで順次ご紹介していきます。
誤植等に、お気づきの点があれば、「Comments」 欄からお知らせ下さい。

間6  空気予熱器に関し、次のうち誤っているものはどれか。

( 1 ) 空気予熱器を設置することにより、過剰空気量が少なくてすみ、燃焼効率が上昇する。

( 2 ) 鋼板形の熱交換式空気予熱器は、鋼板を一定間隔に並べて端部を溶接し、1枚おきに空気及び燃焼ガスの通路を形成したものである 。

( 3 ) 再生式空気予熱器は、金属板の伝熱体を円筒内に収め、これを回転させ燃焼ガスと空気に交互に接触させて伝熱を行うものである。

( 4 ) ヒートパイプ式空気予熱器は、金属製の管の中に アンモニア、水などの熱媒体を減圧して封入し 、高温側で熱媒体を蒸発させ、低温側で熱媒体蒸気を凝縮させて、熱を移動させるものである 。

( 5 ) 空気予熱器を設置すると、通風抵抗は増加するが、N O x の発生を抑制することができる。
 
応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ
資格受験 ブログランキングへ


問6 空気予熱器について
 

解答:5
 

解説:◎出題頻度大、  P8083

( 5 空気予熱器を設置すると、燃焼温度が上昇するため、N O x の発生が増加する傾向がある。