一級ボイラー「ボイラーの構造」問題の研究

一級ボイラー「公表試験問題(H 26年04月)と解答」が 完結しました。
今回は、受験者が難しいという「ボイラーの構造」を取り上げて、問題研究します。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。
 
問15 ステーに関し、次のうち誤っているものはどれか。

(1)ステーボルトは、機関車形ボイラーの火室側の板とその外側の板のように接近している平板の補強に使用される。

(2)ステーボルトには、外側から知らせ穴があけられ、ステーが切れた場合はこの穴から蒸気が噴出し異常を知らせる。

(3)炉筒煙管ボイラーの炉筒と鏡板の間のブリージングスペースには、ステーを設けて炉筒に生ずる熱応力を緩和する。

(4)管ステーは、煙管よりも肉厚の鋼管の両端にねじを切り、管板に設けたねじ穴にねじ込むか、又は溶接により取り付ける。

(5)炉筒煙管ボイラーの後管板のように、火炎に触れる部分に管ステーを取り付ける場合には、端部を縁曲げしてこの部分の焼損を防ぐ。

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ

問15 ステーにについて

解答:3


解説:
注目問題 P72

(3)炉筒煙管ボイラーの鏡板を平板(ガセットステー)によって炉筒で支える。ガセットステーを鏡板に取り付ける場合には、ブリージングスペース(息つき間)を十分にとることが大切である。

このブリージングスペースは、炉筒のフランジに生ずる熱応力を緩和して、炉筒の伸縮作用を自由に行わせるものである。