一級ボイラー「燃料及び燃焼」の研究

今回は、「燃料及び燃焼」を取り上げます。
解答、解説はすぐに見ず、教本などで調べて解答して下さい。

間7 35℃の重油の容獲が1000リットルと計測されたが、標準温度における重油の容積として、最も近いものは次のうちどれか。(H13年後期問題)
ただし、重油の体膨張係数を 0.0007/℃とする。

(1)976 リットル
(2)982 リットル
(3)986 リットル
(4)988 リットル
(5)996 リットル

応援、よろしくお願いします!
にほんブログ村 資格ブログ 自然・環境系資格へ



問7 重油の体積についての計算問題

解答:3              P193258

解説:燃料油の計測には通常体積基準が用いられるが、計量されるのはその温度条件におけるもので、温度が異なるとその密度の変化に応じてその体積も異なる。したがって、基準温度における体積に換算する必要がある。その換算については次の算式により、標準時における体積を求めることができる。

下記の算式は標準温度における重油の体積vを求めるものである。

=V/{1+ α(t-t)}

ここに

 :測定時の重油の体積(ℓ)

:標準温度における重油の体積(ℓ)

t :測定時の温度(℃)

重油の標準温度(15℃)

α :重油の体膨張係数(0.0007/℃)

 

=V/{1+ α(t-t)}=1000/{10.000735-15)}

  =10001.014986.19       →(3)